ご祭神 崇徳天皇 第75代天皇。父の鳥羽上皇から我が子でないと疑われて、1156年保元の乱にて讃岐に流され、林田の雲井御所で約3年過ごされました。二度と京都の地を踏めることは出来ぬまま、8年後に崩御しました。

その後京都で多くの災いが起こり、上皇の祟りと言われ日本史上最大の怨霊となりました。 配流先の讃岐では、大乗経の写本を作り、戦死者の供養と反省の証として京都の寺に収めてほしいと朝廷に願い出ましたが、後白河院はこれを拒否しました。

これに激しく怒った崇徳院は「この経を魔道に回向する」などと血で書き記し、爪や髪を伸ばし続け夜叉のような姿となり、のちに生きながらにして天狗になったと言われています。

崇徳天皇が3年間過ごされた同じ地名の林田、つまりここ美奈宜神社境内に白峯神社が建立されたと伝えられています。明治45年再建記念に奉納された鳥居が現在も残っています。

現在は崇徳天皇と同じ様に苦しみ悩む人々がなくなるよう、悪縁を切るご利益を求め、多くのご参拝がございます。また、美奈宜神社は縁結びで有名な出雲の大国主大神をお祀りしていますので、本殿もお参りください。

 

 

ご祭神の崇徳天皇は、讃岐の地で一切の欲を断ち切っておこもりされたことから、白峯神社は断ち物のご利益があると信仰されてきました。

また、戦によって心ならずも寵妃阿波内侍とお別れにならざるを得なかった崇徳天皇は、人々が御自身のような悲しい境遇にあわぬよう、幸せな男女のえにしを妨げる全ての悪縁を絶切って下さいます。

男女の縁をはじめ、病気、酒、煙草、賭事など、全ての悪縁を切るご利益がございますので、ぜひお参りください。


 美奈宜神社 願い文
○大国主(おおくにぬしの)命(みこと)(だいこく様)縁結びの神
○素戔嗚(すさのおの)命(みこと)(ぎおん様)厄除・健康の神
○事代主(ことしろぬしの)命(みこと)(えびす様)商売繁昌の神
上記の出雲(いずも)3神を同時にお祭りしている、全国でも数少ない神社です。
あなたの願いを文(ふみ)に託して、美奈宜神社の(願い文・みくじ掛け)に結んでください。
一枚500円

白峯神社 願い文
● 御祭神 崇徳天皇
第75代天皇。父の鳥羽(とば)上皇から我が子ではないと疑われて、保元(ほげん)の乱(1156年)にて讃岐(さぬき)(香川県)に流され亡くなり、その後京都で多くの災いが起こり、上皇の祟(たた)りと言われ(日本3大(だい)怨霊(おんりょう))の一人となりました。自分と同じ様に苦しみ悩む人々がなくなるよう、悪縁を切り、良縁を結ぶ事を願われました。
以後、白峯神社は(悪縁切り)となりました。
あなたの願いを文(ふみ)に託して、白峯神社の(願い文掛け)に結んでください。
一枚500円

 白峯神社のご神徳のある縁切りお守りを1体500円にてお分かちしています。お好きなものを選んでいただき、カバンなどご自身のお近くにお持ちください。